猫の譲渡について

当団体が保護している猫たちは野良猫生活をしていた猫や、野良猫が産んだ子猫、劣悪な多頭飼育崩壊の環境で育った猫が大半です。
一見健康そうに見える猫でも、病院でのメディカルチェックでお腹に虫がいたり病気が見つかることも多いです。
当団体では、まず猫を保護した段階で必ずメディカルチェックを行っております。
そして健康ケアが十分に済んだ猫のみが譲渡対象となりますので、ご安心ください。

<里親さん決定の流れ>
ツキネコカフェ/ニャイダーハウスへご来店 ※お店を必ずご利用ください

気になる猫いましたら、スタッフへお申し込み ※お申し込み用紙へ記入いただきます

担当スタッフによる面談

譲渡決定

譲渡決定後、後日お迎え ※即日譲渡はしておりません

お迎え・保護猫卒業
※譲渡費用(避妊去勢手術代金、ワクチン接種代金の実費)、譲渡負担金を譲渡の際にご負担いただきます
 18,000円~32,000円(猫によってご負担額が変わります)
※譲渡決定後、譲渡誓約書への署名捺印・身分証明書の提示をして頂きます

里親さんに求める条件
  • 身分証の提示
  • 室内飼いの徹底
  • 家族として終生飼育して頂ける方
  • 年1回のワクチン接種、適切な医療行為の実施
  • 未成年者への譲渡不可(必ず保護者の方の同意が必要です)
  • 60歳以上の方への譲渡は別途条件があります
里親詐欺の問題などもあり、譲渡条件を厳しく設ける団体さんなども多いです。
​当団体では、それほど厳しい条件を設けておりませんが、誰にでもお渡しすることはしませんし実際にお断りしたことも数多くあります。

愛護動物はおもちゃではありません。猫は、健康であれば20年は生きます。
これから20年を共に暮らしていく存在を、新たな家族に迎えるという覚悟と責任をしっかり持って迎え入れてくださること。
それが、ツキネコ北海道の里親さんになっていただく方の最低条件です。

【子猫の譲渡について】
日本では何故か里親希望の方の9割ほどが子猫を希望されます。
《子猫から育てたい》というお気持ちは理解できますが、子猫が人間が思う以上に体力がなく、野良猫など劣悪な環境にいれば当然回虫など寄生虫や感染症など病気の問題もあります。
また、母猫から充分に免疫をもらえず元々体が弱い場合もあります。
昨夜まで元気にしていたのに、今日になって突然倒れたり・・・というのも頻繁に起こります。

「予約させてほしい」
「いつから譲渡するのか?」

というご質問をよく受けますが子猫については体長が安定してからの譲渡としておりますので、里親募集開始日のお伝えや予約はできかねますのでご理解ください。